最新のツイート:

*82

"まさに入れ子ですが、序論・本論・結論のそれぞれに序論・本論・結論がある「2重かけ」は、堅い文に向いています。いや、このパターンですと、堅い文が苦手な人でも、言い回しにさえ気をつければ、自動的に堅い印象を与える文になってしまうくらい、ガチガチな構成になります。"

文章を書くのがラクになる100の技 / 佐久間功 (via ebook-q)

(nobby0-0から)

"

ひとつの例を挙げる。朝日新聞が提携する米紙ニューヨーク・タイムズには「Corrections」というスペースがあって、過去の記事の過ちや間違いを、記者の裏取りが足りなかったとかニュースソースの選定に過ちがあったとか社内のチェック体制に不備があったなどと、間違えたその理由や背景などもしっかりと明記しながら訂正する。

 ただしそこに謝罪のニュアンスはほとんどない。

 言葉で謝罪はしないけれど、関与した記者の名前なども含めて、内部事情をすべて公開する。さらけだす。だから新聞を読む読者は、メディアも時には間違えたり虚偽を報道したりするのだというリテラシーを持つことができる。これは想像だけど、謝罪の強要はメディアを委縮させるとの意識があるのだろう。

"

あたし、じゅんときちゃったんです。――朝日オワタ 今こそ徹底的に叩け!|森達也 リアル共同幻想論|ダイヤモンド・オンライン (via clione)

(nobby0-0から)

(元記事: tetori301 (nobby0-0から))

hamburg55:

逢沢りな

hamburg55:

逢沢りな

*88

unknown999:

「佐野ひなこ」+「WPB」(2014 No.42)

*20

(出典: mariyanishiuchiclub)

*56
lashesandlips:

西内まりや

lashesandlips:

西内まりや

licoricewall:

マギー (Maggy): Making of photoshoot for Peach John Pre-Winter 2014

(出典: youtube.com)

*21

(出典: omaemokayo)

*20

(出典: omaemokayo)